松本市博物館の日

今年は9月20日が3連休の最後の日でしたので全施設連携してイベントを開催しました。
明治39年9月21日、明治三十七・八年戦役紀念館として当時の学校の中に博物館が設置されました。当時の世相を反映して戦時色の濃い内容でしたが、地方の博物館としては歴史の古いものです。これを記念して毎年9月21日を松本市博物館の日として事業を行っています。
松本市立博物館(本館)  本館では胡桃沢コレクションを開催 そして付属施設の案内も

子規忌

松本市立博物館で胡桃沢コレクションが開催されています。この胡桃沢コレクションとは、明治から昭和を生きた松本の文化人であり民俗研究家の、「胡桃沢勘内」氏が、その生涯をかけて蒐集したコレクションが展示されています。展示資料は柳田國男、折口信夫、斉藤茂吉、伊藤左千夫、橋浦泰雄等々当時の学識者との交流の中で集めた資料は貴重なものばかりです。この学識経験者とのつながりは、昭和4年から、胡桃沢氏が没するまでの約10年にわたり開催された「話を聞く会」(中央から著名人を招いてその話を聞く会)を通じて行われたもので、信州社会教育の発祥とも言えるでしょう。

ところで、子規忌とは胡桃沢家が行った行事で、正岡子規を敬愛していた「胡桃沢勘内」氏が、正岡子規の没後、自宅で正岡子規手製の石膏像や、ゆかりの掛軸の前に供え物をして一方的に故人をしのぶ興味深い行事(大統領選挙のときの勝手にオバマ氏を応援みたいなもの?)です。 現在9月19日に博物館で受け継がれて実施しています。

胡桃沢氏の著書に「松本と安曇」があります。ひとことで言えば民俗や自然について当時としては非常にわかりやすく解説されたガイドブックです。その序章にある「道祖神は賽の神にして旅人と郷人との間に立ちたまへり、吾がせちに心を寄する人々の幸いをいで此神にいのらばや」・・・・・・・。中央と地方をつなぐ胡桃沢氏の立場を的確にあらわしています。
博物館施設でもそれぞれの企画がありました
旧開智学校 年に1階塔屋を特別公開 博物館長じきじきに説明

時計博物館 「時ときクイズ」で景品を提供

はかり資料館 「身体測定・血圧測定などなど」ちなみに私の握力は42.1キロでした

山と自然博物館 「クイズラリー」 虫の専門家の館長さんが案内中 収蔵庫は特別見学

考古博物館 「収蔵庫公開」 中には埋蔵文化財がぎっしり そして復元修理のための作業室

重要文化財馬場家住宅 「坪庭公開」 ここの縁側で当時の殿様をむかえたとか

窪田空穂記念館 短歌に特化した展示ですがバスツアーのお客様も

松本市歴史の里 「スタンプラリーとお茶のサービス」を実施