松本民芸館

明治42年に松本市に生を受けた氏の生家は、松本市中町の「ちきりや」という老舗問屋でした。8人兄弟の長男として育った丸山太郎氏は、家業に専念する一方、民芸と出会い次第に民芸に傾倒してゆきます。戦後、柳宗悦やバーナード・リーチたちの指導のもとに松本のまちでは民芸運動が盛んになりますが、その担い手のひとりとして活動しました。

昭和58年には蒐集した膨大なコレクションと土地建物の一切を松本市に寄附されました。

展示品は丸山太郎氏の「美しいものが美しい」と書いたテーマに基き、詳細な解説はあえて行わないとのことです。