松本市時計博物館

本田親蔵氏が、生涯をかけて収集した和洋の古時計コレクションを、昭和49年に松本市に寄贈されました。その後市民からの寄贈品が加わり、平成14年に松本市時計博物館が開館しました。この博物館の特徴はできる限り動いている状態で展示しており、常時110点の時計が展示されています。
時計博物館の外観 時計は11メートルの高さがあり振り子型の時計としては日本最大級です
日の長さによって時間が使い分けられていた江戸時代の和時計には、おもりの位置を変えることにより時間を調節する工夫がされている
右のグランドファーザークロックは17世紀 時報を知らせた後、少し間をおいて2回鐘を鳴らす珍しい構造
次回の企画は時計の歯車や構造を展示するとのことで、スケルトンの状態で準備中です
古い時計は部品も手作りになります。ゼンマイを製作中です

線香を使って糸を切り鐘を鳴らします タイマーの原型ですね


トランペット吹奏時計はフイゴが組み込まれており、音楽を奏でます 口笛人形時計の構造です
ウンチクをひとつ カッコー時計は外国製です。そして鳩時計は日本製です。カッコウは閑につながるとかで喜ばれなかったためとか