松本市立考古博物館

併設されている竪穴式住居 博物館には中学生の課外授業なので一緒に学芸員の話を聞くことにする

中央は唐草文系土器(約4000年前)は長野県出土は珍しいとのこと 松本と上伊那から出土している

右の弥生式時のうち口の狭い壷は蓄えに使い、口の広い瓶は煮炊きに使ったそうです


中央土偶は人間に見立てているため、自分の体の部分で悪い部分は切り取って土に埋めたそうです。それなので完全な状態での出土はほとんど無いそうです

右は松本市エリアナ遺跡の模型


中央の人面土器はお守りだそうです