重要文化財旧開智学校

「旧開智学校」は廃仏毀釈で廃寺となった全久院の後に建てられていた筑摩県学を改修して、明治6年(1873)に開校しました。この校舎は松本の大工棟梁・立石清重(1829-1894)によって設計施工され、明治9年(1876)に新築されました。東京大学の前身である開成学校を参考にした「擬洋風建築」で約1万1000円におよぶ巨額な工事費のうち、約7割を松本町民によって寄付されました。「開智」という校名は明治5年の学生発布の前日に公布された「被仰出書」の文中にある「其身ヲ修メ智ヲ開キ才芸をヲ…」から命名されたと言われています。

唐破風屋根の露台はバルコニーのように見えますが飾りです。玄関の龍の彫刻は日光東照宮を真似ていると言われます
重要文化財の指定書と当時の教室
明治天皇行幸の際に休憩した部屋
彫刻のついた桟唐戸「さんからど」は校舎内に8面あります 右は教室の様子
校舎中央の螺旋階段と塔屋へ上がる階段

8角形の塔屋の内部には時報用の鐘が吊られている。ステンドグラスがはめ込まれています


外に出る戸は4枚と窓が4か所(塔屋は記念日などに公開するそうです。運が良くないと見学できません)
塔屋へ出る階段の手すりもきれいな水色に仕立てられています
屋根裏へ出られるような戸もついています。修復で古い部材に新しい部材を混ぜて使っていますね
そして隣接する県宝旧司祭館 ここは無料です