窪田空穂記念館 

恵まれて館長さんから直々に1時間30分も説明いただきました。何も知らなければ歌心の無い自分は10分コースです。学芸員の重要性がわかりましたよ北アルプス専科 窪田空穂記念館北アルプス専科

窪田空穂記念館は窪田空穂の生家と道をはさんで建てられています 説明補助者も撮影
生家は本棟づくりの立派な家屋  300年になる高野槙も見どころです
この家と共に古(ふ)りつつ高野槙二百(ふたももとせ)とせの深みどりかも
鉦鳴らし信濃の国を行き行かばありしながらの母見るらむか(これは知っていました)

まつはただ意思あるのみの今日なれど眼(まなこ)つぶればまぶたの重し(遺作)

はらはらと黄の冬ばらの崩れ去るかりそめならぬことの如くに


違い棚に床の間と立派です
歌人でもある空穂ですが、小説の執筆も行い、古典、特に万葉集等の研究の第一人者であったそうです

日本アルプス縦走記はウェストンとの出会いなども記録されています