馬場家住宅 北アルプス専科

やまふところの古屋敷、馬場家の伝承では、武田信玄の家臣・馬場美濃守信春の縁者が先祖であり、天正10年頃この地に住みついたとされています。屋号を「古屋敷」といい、江戸時代には広大な田畑を所有していたほか、高島藩主・諏訪氏と親密な関係を持つ特別な地位にありました。
 主な建物は長屋門としての表門、主屋、中門、文庫蔵、奥蔵、隠居屋、茶室、旧うまやなどで敷地は13,000平方メートルもあります。

松本市南部の塩尻市との境、のどかな丘陵地帯の麓に馬場家住宅は存在しています
長屋門を入ると本棟づくりの主屋が見えます。 屋根の上の意匠は雀踊りというそうです
中門です。殿様が来たときだけひらかれて、南側から座敷に上がるのだそうです。
正面が隠居屋と右が茶室ですが私有地なので入れません
当主の寝室には地袋から隣の部屋へ抜けて屋根へあがる仕組みもあります
二間床に書院などやはり普通の農家ではありません

文庫蔵は文書・記録類や家財を格納するための蔵です
庭の竹林整備も必要な仕事です
馬場家住宅からの北アルプス