高橋家住宅 北アルプス専科

高橋家住宅の一般公開日は、土曜日と水曜日のみですが無料です。公民館活動で学習にきた人に混じって学芸員の話を聞くことができました。当時の松本藩は家老以外に、50石以上の上級侍の諸士(しょし)、20〜50石クラスの徒士(かち)、そしてそれ以下の足軽(あしがる)に分かれていました。高橋家は足軽クラスで雇用されましたが、事務能力が堪能であったため、徒歩まで昇進したとのことです。階級制度が厳しい時代にあっては珍しいことだそうです。当時松本藩にあった藩学校の崇教館(そうきょうかん)は、諸士の子弟クラスでないと入学が許されないため、下級武士は親が先生となって和算を教えたそうです。和算を学ぶと積み上げてある米俵の数など、すぐに計算できたそうです。ちなみに、1石は一人で1年間食べる米の量とのことです。

(住宅の解説)

高橋家住宅は、松本市内に現存する数少ない武家住宅のひとつです。
高橋家は、美濃国加納で戸田家に召し抱えられてから、代々戸田家に仕えていました。享保11年(1726)に、志摩国鳥羽から戸田光慈(みつちか)が松本藩主として移ってきますが、その時に藩主に従って松本に移り住みました。
この建物は、松本藩が藩士の住まいとして所有していた、いわば官舎でした。はっきりとした建築年代はわかっていませんが、高橋家のある徒士町ができた17世紀前半から、高橋家が移ってきた享保11年(1726)までの間に建てられたものです。建物の特徴からも江戸時代中期のものと考えられています。(田の字型の8畳間は隣室との間の1間ごとに柱が立っています。もう少し新しい時代になると2間くらいは柱を入れずにもたせるそうです。)現存する武家住宅としては、旧松本藩内はもとより、長野県内でも最も古い建物の一つとされています。こうした貴重な建物であることから、昭和44年(1969)に松本市重要文化財に指定されています。


2010/5/12  松本市重要文化財   松本市立博物館 遠藤

松本城下町の構造
 城下町は一定の都市計画に基づいてつくられています。松本の城下町も城郭内の三の丸から城下町の北部にかけて武家地が配され、女鳥羽川の南から善光寺道(北国西脇往還)に沿う形で町人地が広がっています。また、町人地の東側から南側には、有事に備えての防衛線としての寺社が立ち並んでいました。
 さらに細かく武家地を見てみると、大名町や地蔵清水など城の近くには大身の武士が配され、その他の武士の住宅は身分に応じてしだいにお城から離れた場所に配置されていました。松本藩では身分が諸士・徒士・足軽に分かれており、徒歩であった高橋家は武家地の北方に位置していました。

高橋家住宅について
高橋家住宅は江戸中期の建築と考えられます。建物は間口11.6メートル、奥行8.2メートルの大きさです。内部は東側が土間になっており、その西側は大部屋が田の字型に四つの小部屋に区切られる構造(四つ間取り)になっています。北の二間が接客用、南の二間が日常の生活スペースになります。また庭には畑や実のなる木がありますが、これは何かと入用で生活の苦しかった当時の武士が節約できるところは節約した努力のあらわれといえます。

展示資料から
 高橋家住宅に展示してある資料からは、武家の仕事や家族の日常が垣間見られます。
例えば、新編塵劫記(しんぺんじんこうき)は江戸時代の和算書で、実務に携わる武家が必要とした教養レベルを知ることができます。本書には各種の計算法が記されていますが、展示しているのは俵すぎ算(杉なり算とも)の部分です。杉なりとは俵をピラミッド状に重ねた状態のことで、その形が杉に似ていることに由来します。俵すぎ算は現在でいう数列を用いて、重ねてある俵の数を求める計算法です。
また、高橋安基の子お長幼少期の手習は武家の教育のがうかがえるおもしろい資料です。手習とは習字のことです。意味は通じにくい部分もありますが、立派な字を書いています。なお、左下に「勝而見事御座候」とありますが、これはお長さんが教わっていた師匠のコメントです。今風に言えば「たいへんよくできました」ぐらいの意味です。
松本の藩校である崇教館(そうきょうかん)には、諸士とよばれる50石以上の子弟しか入学できませんでした。そのため高橋家では、親が勉強を教えたり、お長さんの例のように手習の師匠につけて勉強をさせたようです。