国宝犬山城(2010.2.16)

犬山城のみどころ

●尾張と美濃の境界に位置する三重四階地下二階の望楼型天守は、上へ向かって増築を繰り返した

●裏手が木曽川断崖の要塞なので、南面の守りを固めれば良い曲輪配置である

●本丸へ向かって直線の道路は珍しい

●天守一階は、初期の天守に見られる城主の居住部分が見られる

史跡整備に向けて、今年度から発掘調査を開始したところ岩を削って、登りにくくした「切岸」が確認された。

ここは一般公開していないそうです


犬山城本丸入口には、三光稲荷が・・・。史跡指定する際に、色々ありそうです
またしても、公開していない北面へ入れてもらう
絶壁でここから落ちたら、助からないだろう。だから公開できない
2ヵ所あるうちの1つの「石落」 右の写真は「千貫櫓」の遺構
お城を一周してから、天守へ入城
石垣に中2階、天守は4階建てのお城
天守最上階の望楼は出ることができるので、展望は360度
木曽川が眼下に迫ります
犬山の町並みを散策して終了