伊深城跡(2009.11.8)

伊深城は中世室町時代に伊深氏により築城されたとの事。その後、小笠原氏の幕下である後庁氏(ごちょうし)にとって変わったが、いつの間にか隣接する赤沢氏に滅ぼされたとの事である。そして最後は、天文19年(1550)武田軍の林城攻撃のとき自落しました。典型的な山城で、松本平の北側を守っていたと思われます。

小学校の遠足で来て以来だから数十年ぶりになる。登り口も忘れていたが伊深の集落に入って道を尋ねるとすぐにわかった。穏やかな山道を枯れ葉を踏みしめ気持ちよい散策になった。


若宮八幡宮から登る。親切できれいな案内板も設置されていた
10分歩いて休憩場所。木の椅子が心地よい
気をつけてみると石垣の名残が何カ所かある
二段の丘陵地帯に石積みも見られる
雑木林に視界が遮られる。昔は刈り払われていただろうと思いを巡らせる
帰りは芥子坊主山経由で北アルプスを眺めてから帰宅