世界遺産暫定一覧表登録 国宝 彦根城(H21.7.26)

彦根城世界遺産推進室の方々のご案内で彦根城を見学する機会に恵まれた。国宝天守は三重三階の絢爛な建物であるが、城郭の規模の割には小ぶりである。天守そのものが大津城を移築したことによるものだそうです。付属する庭園や重要文化財の櫓など見どころも多い。屋敷や池の復元など着々と進めており素晴らしい景観が出来上がるのも、そう遠くないでしょう。

内堀と大手門

内堀

重要文化財 馬屋 厩はL字型をしており21頭の馬をつなげたそうです


2段腰巻状の石垣(土塁)は珍しい眺めです

大堀切 尾根をかち割って橋を架けた堅固な要塞です

重要文化財 天秤櫓 左半分の写真ですが右も似たような造りになっており名前も納得


天秤櫓の反対側は高欄になっています。神社から取り寄せたという噂のある造りです

国宝天守は三重三階建の白漆喰。千鳥破風、唐破風など豪華です。銃眼は外から見えない造りになっています

京極家、大津城を移築したと伝えられています。禄高の割に天主が小ぶりなのは築城を急がせたのではないかとのことです


天守3階から琵琶湖を望みます

郭は十分に残されていて見事です

名勝「玄宮楽々園」4代当主の井伊直興により建立された彦根藩の下屋敷です


平成21年度より7年計画で名勝範囲の拡張を目指すそうです

名勝「玄宮園」の庭です。当時はサイフォンの原理で引水していた沼を、さく井工事によって復元するそうです

国庫補助事業「れきまち」での修景をさらに進める部分だそうです。「武士の一分」はここで撮影されたそうです


名勝「旧彦根藩松原下屋敷(お浜御殿)庭園」

約11,000平方メートルの広大な庭園です。用地取得ができたので本格的な整備が進みます

見どころが増えて世界遺産登録への道が近づきます