第55回文化財防火デー 松本城総合防災訓練

昭和24年1月26日、法隆寺火災により壁画が消失した日。この教訓を生かして毎年1月26日には、松本城で総合防災訓練が行われています。

想定としては、松本城乾小天守より出火、折からの強風にあおられて急速に拡大し国宝松本城天守に延焼の危険があるというものです。松本城自衛消防隊による通報、避難誘導、初期消火及び応急訓練に引き続き松本広域消防局による本格的な訓練が実施されました。

梯子車やタンク車、救急車などを含めた防災車両は18台、訓練に関わる人員は200名近くに及びました。

松本広域消防局との合同訓練


松本城自営消防隊